粉体工学会

粉体工学会論文賞受賞者

第35回
2016年
渡邉 哲, 大﨑 修司, 福田 晃子, 花房 竜也, 髙田 健斗, 田中 秀樹, 牧 泰輔, 前 一廣, 宮原 稔(京都大学)
マイクロリアクタの混合特性評価と多孔性錯体微粒子合成への適用
(粉体工学会誌, 第 52巻 7 号 pp.382-389, 2015年)
第34回
2015年
田中 秀和, 畑中 渚, 六車 美耶, 西谷 彩香(島根大学), 石川 達雄(大阪教育大学), 中山 武典(㈱神戸製鋼所)
酸性Fe(II)水溶液の空気酸化による人工鉄さび粒子の構造および形態に対するアニオンの影響
(粉体工学会誌, 第 52巻 1 号 pp. 4-9, 2015年)
第33回
2014年
曽我 友平, 今中 洋行, 今村 維克, 石田 尚之 (岡山大学大学院 自然科学研究科)
水中の疎水化シリカ表面間に働く短距離性疎水性引力に及ぼす表面の疎水性の影響
(粉体工学会誌, 第 51巻 5 号 pp. 343-348 2014年)
第32回
2013年
宮崎 準平, 栗山 雄太, 宮本 顕久, 徳本 勇人, 小西 康裕, 野村 俊之  (大阪府立大学大学院 工学研究科)
ポリスチレンラテックスナノ粒子の酵母細胞への付着・取込現象の評価
(粉体工学会誌, 第 50巻 7 号 pp. 472-477 2013年)
第31回
2012年
花房 竜也, 三野 泰志, 渡邉 哲,宮原 稔 (京都大学大学院 工学研究科)
液レベル制御式移流集積法を用いた金ナノ粒子自己集積膜の構造制御
(粉体工学会誌, 第 49巻 5 号 pp. 356-361 2012年)
第30回
2011年
辻 拓也, 成田 栄嗣, 田中 敏嗣 (大阪大学大学院 工学研究科)
高濃度粒子を含む流れに壁面が与える影響について
(粉体工学会誌, 第 48巻 12 号 pp.847-858 2011年)
第29回
2010年
酒井幹夫、柴田和也、Vanessa M. Kawasaki、越塚誠一 (東京大学大学院 工学系研究科)
DEM粗視化モデルによる気泡流動層の数値解析
(粉体工学会誌, 第 47巻 1 号 pp.17-25 2010年)
第28回
2009年
宮崎重人、西浦泰介、下坂厚子、白川善幸、日高重助 (同志社大学 理工学部)
微粒子懸濁液滴の乾燥挙動シミュレーションによる顆粒形態形成機構の解明
(粉体工学会誌, 第 45巻 9 号 pp.632-641 2008年)
第27回
2008年
吉田英人、福井国博、山本徹也、橋田歩、道谷法寛 (広島大学 工学研究科)
電圧印加型の水簸装置による微粒子の高精度分級
(粉体工学会誌, 第 43 巻 8 号 pp.550-558 2006年)
第26回
2007年
野村俊之・森 俊裕・有馬浩彰・小西康裕 (大阪府立大学 工学部)
逆ミセルを利用したクロム酸バリウムナノ粒子の形態制御
(粉体工学会誌, 第 44 巻 6 号 pp.441-446 2007年)
第25回
2006年
大野智也・鈴木大輔・鈴木久男・井田隆 (静岡大学 工学部)
ラマン分光法によるBaTiO3ナノ粒子の誘電特性の評価
(粉体工学会誌, 第 41 巻 2 号 pp.86-91 2004年)
第24回
2005年
福西晃朗・森 康維 (同志社大学 工学部)
原子力顕微鏡を用いた湿潤雰囲気下での粒子・平板間付着力の測定
(粉体工学会誌, 第 41 巻 3 号 pp.162-168 2004年)
第23回
2004年
足立元明・楠見真隆・津久井茂樹 (大阪府立大学大学院 工学研究科)
イオン誘発核生成によるナノ液滴とナノ粒子の生成
(粉体工学会誌, 第 41 巻 6 号 pp.424-430 2004年)
第22回
2003年
神田陽一・西谷佳典・東谷 公 (京都大学大学院 工学研究科)
吸湿シクロヘキサン中の表面間付着力への非イオン性界面活性剤の役割
(粉体工学会誌, 第 39 巻 2 号 pp.96-101 2002年)
第21回
2002年
中林功一・土田陽一 (名古屋工業大学 機械工学科)
準剛体回転流による高精度湿式遠心分級ーバッチ方式の分級原理と性能ー
(粉体工学会誌, 第 36 巻 12 号 pp.881-890 1999年)
第20回
2001年
松坂修二・西田知則・後藤佳昭・増田弘昭 (京都大学大学院 工学研究科)
高分子膜ターゲットへの微粒子の衝突による帯電
(粉体工学会誌, 第 37 巻 10 号 pp.728-733 2000年)
第19回
2000年
下坂厚子・東原茂徳・日高重助 (同志社大学 工学部)
コンピュータシミュレーションにもとづくふるい分け速度の推算
(粉体工学会誌, 第 35 巻 4 号 pp.242-249 1997年)
第18回
1999年
Y.Fukumori, H.Tamura, K.Jono, M.Miyamoto, H.Tokumitsu. H.Ichikawa, L.H.Block (神戸学院大学 薬学部)
Dry grinding of chitosann powder by a planetary ball mill
(Advanced Powder Technology, Vol.9 No.4 pp.281-292 1998年)
第17回
1998年
杉本益規・都竹 聡・山本健市・戸嶋大輔 (富山大学 工学部)
粉砕を伴う連続式回転円錐型容器による複合微細造粒粒子の生成とその特性
(粉体工学会誌:第 34 巻 9 号 pp.709-717 1996年)
第16回
1997年
鹿毛 浩之・大庭 府久・石松 宏道・小倉 裕直・松野 儀三 (九州工業大学 工学部)
振動流動層による粒子コ-ティングにおける振動周波数と振幅の関係
(粉体工学会誌:第 33 巻 9 号 pp.711-716 1996年)
第15回
1996年
向阪 保雄・遠藤 禎行・Manuel Alonso・一坪 宏和・福井 敦 (大阪府立大学 工学部)
Nanometer coating on aerosol particles
(Advanced Powder Technology, Vol.6 No.1 pp.11-24 1995年)
第14回
1995年
遠藤 喜重・小野 雅彦・山田 俊宏・河村 啓溢・小原 克美・河村 孝 男
((株)日立製作所 機械研究所)
超微粒子による低反射、帯電防止膜の研究
(粉体工学会誌:第 32 巻 3 号 pp.170-175 1995年)
第13回
1994年
堀添 昌則・伊藤 隆造・後藤 圭司(豊橋技術科学大学 エネルギー工学系)
磁性流体中における微粒子の均一分散とその評価
(粉体工学会誌:第 31 巻 3 号 pp.151-156 1994年)
第12回
1993年
内藤 牧男・吉川 雅浩・田中 俊成・近藤 光((財)ファインセラミックスセンター)
機械的手法による粒子複合化過程の解析
(粉体工学会誌:第 29 巻 6 号 pp.434-439 1992年)
第11回
1992年
吉田 順(清水建設(株) 大崎研究室)
個別要素法を用いたサイロ内粒状体の静置時圧力に関する研究
(粉体工学会誌:第 29 巻 2 号 pp.86-94 1992年)
第10回
1991年
綱川 浩(横浜国立大学 工学部)
粉体の流動性におよぼす粒度の影響
(粉体工学会誌:第 27 巻 1 号 pp.4-10 1990年)
第9回
1990年
佐藤 宗武・出口雄一郎・宮南 啓(大阪府立大学 工学部)
混合機中の粉粒体の流動と混合特性の光学的手法による連続測定
(粉体工学会誌:第 24 巻 10 号 pp.647-654 1987年)
第8回
1989年
安井 英夫・岡田 渉・三木 康弘・森川 久(鐘淵化学工業(株) 生産技術研究所)
高分子ラテックス凝固によるペレット粒子の作成
(粉体工学会誌:第 24 巻 11 号 pp.700-706 1987年)
第7回
1988年
金岡千嘉男・江見 準・菊川 範夫・明星 敏彦(金沢大学 工学部)
壁面からの微小粒子の飛散
(粉体工学会誌:第 24 巻 4 号 pp.233-239 1987年)
第6回
1987年
長尾 高明(東京大学 工学部)
粒子間に付着力が働く場合の粉体力学の基礎方程式
(粉体工学会誌:第 23 巻 4 号 pp.240-249 1986年)
第5回
1986年
水上 俊一・若林 稔・村田 博之((株)神戸製鋼所 技術開発本部)
移動層集じん機における濾材流れの安定性
(粉体工学会誌:第 22 巻 11 号 pp.753-759 1985年)
第4回
1985年
辻  裕・関  亘・森川 敬信(大阪大学 工学部)
空気輸送の数値実験-分岐部を有する場合-
(粉体工学会誌:第 20 巻 5 号 pp.270-279 1983年)
第3回
1984年
増田 弘昭・生三 俊哉(広島大学 工学部)
円管内帯電エアロゾル流の管内壁への沈着
(粉体工学会誌:第 18 巻 12 号 pp.867-872 1981年)
第2回
1983年
日高 重助・三輪 茂雄(同志社大学 工学部)
鳴き砂の発音機構について
(粉体工学会誌:第 18 巻 5 号 pp.301-310 1981年)
第1回
1982年
近沢 正敏・金沢 孝文(東京都立大学 工学部)
吸着水にもとづく粉体付着力の発生機構-液橋の厚みについて-
(粉体工学会誌:第 16 巻 9 号 pp.514-520 1979年)
粉体工学会の表彰制度